スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

こんにちは。

現在twitterアカウントが凍結されています。
凍結解除申請中ですが、
原因はだいたいわかってるので割とすぐ戻るはずです。
長くても2日くらいだそうです。



いい機会なので、解除されるまでの間、
せっかくご意見もいただいてるので
ブログデザインなどの足回りを再調整したり、
アフィリエイト申請などをしたりしてみようと思います。

もしくは気が向いたら、
ツイッターで広報する必要のあまりなさそうな
肩の凝らないテーマのエントリでも気まぐれに書くかもしれません。


現在継続中のテーマの続きを
楽しみにされてる方には申し訳ありませんが、
なにしろのんびり屋が信条なので
こういうことになるとリラックスしてしまうというか…

ご容赦の上どうか気長に投稿をお待ちください。



書きこんでいただいた温かいお言葉にはすべて目を通してます、
ありがとうございます。

ニックネームの記入はどちらでもかまいません。
もしもご質問があるのであれば、
お名前があればお答えできる確率がちょっとはあがるかも、
程度にお考えください。
(でも私にお答えする余裕がない確率のほうが高いです…)

みなさんが読みに来てくれることが今のところ、
していただける一番ありがたいことです。
そのお気遣いだけいただいておきます。


最後にもう一度、ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#05.ほしいものを手に入れる方法 ~ iphone法(旧・ipod法)その4

iPhone法の続きです。

それではiPhone法というくらいですので、
作ってくれたスティーブ・ジョブズに敬意と追悼を表し、
手に入れたいものは同じアップル製品である
iPadに仮定して話を続けていきましょう。



実験です。
iPadをiPhone法で手に入れてみましょう。

続きを読む

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#04.マネーポリシー(その1)

もともとネット上にふたたび書き込みをしたのは、
ここ数年で、
頭の中に「性に関するメソッド」が
ぼんやりまとまりかけてきたからです。


性的な願望を体験できずにいる誰かに
いつかこれを伝えたいと思い、
何らかの方法を模索するため、
とりあえず本人証明を兼ねて書きこんでみたところ、
なぜか流れがブログを開始するという方向に進みました。←今ここ


この性に特化したコンテンツは
内容的にはかなりきわどいものですので、
うまくカタチになったとしても
ちょっと未成年が簡単に読める場所には置けません。

免許証をアップロードしてもらい
いちいち確認などはできそうもないので、
実現したらクレジットカードを使った
年齢認証をすることになると思います。


というわけで、
このコンテンツに限っていえば有料販売を予定しています。

収益はすべて2011年の東日本大震災における被害を
支援するためにつかう予定でいます。
(遊興費を除く経費を含む。たとえば被災地への移動費など)。

使途報告やその証明に関しては
できるかぎりのことをするつもりです。



しかし実は現段階において、
作成や販売の見込みはまったく立っておりません。

将来的にそういうことが行われる可能性はある、
その場合は課金させていただくのがほぼ確実、
とことをお伝えするだけのエントリです。


他の通常コンテンツに課金する気は、
今のところありません。

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#0.スレからきた皆さんへ

お待たせしました、ようこそ。


このエントリに限り、
現在、
実験的にコメントを開放しています。
※いずれ閉じたり削除の可能性あり)

※現在全記事コメントを開放中(2012.6.14)


たとえばもっとこうしたほうが見やすいとか、
気づいてないかもしれないけどここはまずいとか、
ご意見などあればここでお願いします。

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#03.ほしいものを手に入れる方法 ~ iphone法(旧・ipod法)その3

iPhone法(旧iPod法)の続きです。


欲しいものの写真をバシバシiPhoneに突っ込み、
それをロック画面に設定しておき、
手に入った時の嬉しい気持ちを喚起するというのがiPhone法です。

これによって強制的というか自動的に、
欲しいものが意識の深いところに入っていく・・・

理論上はたしかにそうです。
しかしこの方法の最大の欠点は、すぐに飽きがくることです。


早い人なら数日、
どんな人でもおそらく一ヶ月もすれば、
写真を眺めても当初の新鮮な気持ちをキープするのは
難しくなってくるのではないでしょうか。
写真はしょせんは写真なのです。
見てるうちに、あ、またか、
という気持ちが支配的になるのは当然です。


前置きがずいぶん長くなったので、
結論から先にいいましょう。

そういう場合はとっとと写真を替えてください

えっ、同じものの別の写真、たとえば別アングルの写真にかって?

うーん気持ちが再び昂ぶるようなら
それでももちろん構いませんが、
あなたの欲しいものは
おそらくひとつやふたつではないでしょう(笑)。

だったら見飽きた写真は
ジャンジャン別の欲しいものに替えていきましょう!
飽きたらとにかく次々チェンジ。
iPhoneは壁紙を替えるのは比較的簡単です。


実は飽きることは当然で、
特に大問題というわけでもないのです。

また少し脱線しますが、
人間の感情というのは絶対に一定のところには止まりません。
どんな人だってやっぱりへこむときはある。

株価の波動と正に同じで、
永遠に天井に張り付きっぱなしということはありえません。
だから例の感情の22段階スケールでも、
レベル1・感謝の位置に居続けるのは、
マザーテレサ級の聖人でもなきゃまず無理です。

ときどきこの辺を勘違いして
最終目標はずっとレベル1にいることだと思ってがんばっている人がいますが、
そうではなく、
できるだけ高い位置での上下運動をキープするのが鍵です。
人生の大部分レベル7以上にいられれば、
概ねハッピーな生涯を送れるのではないかと私は考えています。


閑話休題。
話を戻しましょう。

この願望実現業界(笑)という奴の中では、
忘れることがカギだといわれることがあります。

下手にほしいものに執着するより、
一度それをメモにでも書いて金庫にでも放り込んでおけば、
忘れたころに何時の間にか手に入っているもんだ、と。

一見投げやりなメソッドのようにも思えますが
これは私の経験則上なかなか馬鹿にできないものがあり、
たとえば数年前カードに欲しいものを
なんの気なしに箇条書きにしてしまいこんでたら、
気がついた時にはほぼコンプリートしてました。

というわけで、
飽きた写真は使用済みフォルダにでもぼんぼん放り込んでいくというやり方は、
結果的にこの「忘れる法」に近いプロセスを踏むのではないかと思われます。


「ええー? でも俺、
すでにiPhoneに欲しいものの写真
けっこう設定してきたんだけど、
でもってけっこう写真替えてるんだけど、
まだ手に入ってないよ?」


はい、はい、そういう人も多いでしょう。

確かに意図せぬままiPhoneを欲しいものカタログにしてる人はそこそこいるし、
そういう人が次々意中のものをゲットしてるわけではないですよね。
私の予想では、運良く手にすることができた人は全体の 20% からせいぜい30% 。
つまり7:3くらいの割合で、入手できていない人のほうが多いのではないんでしょうか。


「それに、さっき、
『飽きの対策は写真を替えるだけじゃない』
っていってたじゃん!」


はい、確かにいいました。



というわけで、
話はもう少し続きます。


別にここで終わってもそれはそれで一応
「iphone法」として成立はするのですが、
ここからコツ的なものや留意事項を説明していきましょう。



このテーマでの連載は(予定では)あと2回。いや3回か。

それらを、
すべての人が理解し実践できれば、
さきほど7:3で失敗のほうが多いといった比率は、
一気に逆転するのではないかと私は考えています。



そうですね、
次回、
なんでもいいのですが…じゃあiPadあたりを
遅くとも数ヶ月以内に入手するチュートリアルでも作りながら、
このへんを説明していきましょう。



というわけで近々更新予定。
そうお待たせはしないはずです。

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#02.ほしいものを手に入れる方法 ~ iphone法(旧・ipod法)その2

昔、
私は欲しいものが手に入りやすくなるメソッドとして、
iPodに写真を入れておけばいい、
それをちょくちょく眺めて
喜びの気持ちを喚起するといいと提言しました。

これはこれで一定の効果があるのですが、
実はこの方法にはふたつみっつの
大きな欠点があったのです。


ひとつは、当時の旧型iPodでは
写真を待ち受け画面に設定できなかったこと。

こんなもんを一日何回も引っぱり出して
その画面にいちいち毎回アクセスするなんて、
めんどくさくてずっとはやってられません。

とはいえ紙の写真を持ち歩くよりは
便利でハードルが下がることも確かで、
これは当時の技術的な限界だったといえます。
(紙写真を手帳に挟んでたって
同じ問題はつきまといますからね)


現在ではスマートフォンが当たり前になったので、
その問題は解消されました。
私は現在iPhone使いなのでその前提でいきますが、
ロック画面に好きな写真を
高画質で設定することができるし、
その写真を変えることも簡単です。

この簡単に変えられるというのは
後述する「飽き」の問題とも密接に絡んできます。
(それについては「飽きたら写真を変えればいい」
というオチではないのでご心配なく。
それもあるけど、
飽きの対策はそれだけではないです!)


さて話を戻すと、
iPhoneロック画面に写真を設定しておくと
自動的に一日中何度も見るんですよね。

電話がきたら見るし、
かけるときも見るし、
アプリを使う時や充電の時も見る。
というわけでスマホ時代になってから
この問題はほぼ解決したといえます。

他人に見られたら恥ずかしいものを設定しておくのは勇気がいるけどね(笑)


ところで、
これって別にガラケー(旧式携帯)でもできね?
と思ったあなたは鋭い!

確かに現在のガラケーも
壁紙を高画質設定できるし、
機種によっては複数の欲しいもの写真を
ランダムに表示させるなんて高等テクニックもできます。

事実、
私もガラケーをまだ一台キープしてますが、
そこではそのやり方を使っています。

なのになぜiPodを推していたかといえば、
やっぱり音楽機能が強力だからなんですよね。

好きな音楽に夢中になっている時に写真を見ると、
脳がα波つまりリラックス状態になってるので、
スムーズに意識に入りやすいのです。

それともうひとつ、
これはよっぽどの機会があれば
いつかシェアするかと思ってたんだけど、
アファメーションを聞きながら
写真を眺めるという技もiPodではできます。

スマートプレイリストを使えば、
しょっちゅう暗示文を聴くのはかったるいし
その刺激にもすぐ慣れちゃうけれど、
刺激を忘れかけた頃にだけアファを流すなんて離れ業もできます。

他にもいくつか優位性はあるんだけど
(録音の手軽さとかね)、
ま、とにかく一応そういう理由があったのです。


でも別に、
ガラケーでもかまいません。


ランダム表示ができるならむしろ
iPhoneより優れてるかもしれません。
iPhoneにもそういうことができるアプリは存在するんですが、
私の知る限りまともに使えるものはまだひとつもない。
何かいい自動壁紙チェンジャーみたいなものが
あればぜひ教えてください。

えっと話逸れたな。
ま、持ってないからあきらめるよりは、
持ってるものでとりあえず
やってみるほうがずっといいってことです。


逸れたついでにいいますが、
アファメーションについてはここではこれ以上言及しません。
そこをばっさり省略したカタチで話を続けます。

割と上級者向けの話だし、
このへん凝り出し出すときりがないというか、
方法論の願望実現マニアになっちゃって
肝心の願いがちっとも実現しないという人になりかねません。
それでは本末転倒。

興味がある人は各自で工夫して、
それでもし確立したらシェアしてあげてください。
私からは(とりあえず)そこには触れません。
各自でアレンジ願います。



というわけでほとんど前置きみたいなここまでで
こんなに長くなるのかよと、
我ながら気が遠くなりますが、
次回いよいよ本題の写真を設定し続けたことによる
飽き問題に触れます。

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

#01.ほしいものを手に入れる方法 ~ iphone法(旧・ipod法)その1

願いを叶えるためにはそれがすでに叶った状態をイメージし、
その喜びの感情を味わい尽くすといい・・・
これはよく言われることです。

というわけでその昔、
私はipod(当時所有していたのはクラシック型の旧モデル)
にほしいものの写真を入れ、
何回もそれを眺めることで感情を想起するという方法論を某所で紹介しました。



しかしこの方法には実は欠点や注意事項もあり、
それを伝えられないままでいたことを心残りに思っていました。
コツ的なものさえ留意しておけば
飛躍的に成功率を高められるメソッドでもあるだけに、
日々どこかで伝える方法を模索していたような気がします。

ちょうど先日、
このことについて核心をついた質問をしてくださる方に出会いました。

(これはこれで広義の意味で
私の願いがまたひとつ叶ったことになりますが、
まあそれは今回の本題でありません)

だったらこれを機に・・・
と人様よりだいぶ重い腰をやっとあげた次第です。


というわけで改訂版として「iPod法」を何回かにわけて詳しくご紹介します。
これに関してはしばらく改良を加える気はないので、
改訂というよりも決定版とさえ呼んだほうが相応しいのかもしれません。


なお現在私は旧型のiPodをすでに使っておらず、
iPhoneに移行しております。
よってiPod法は「iPhone法」と改題することにしますが、
実は使用端末に関しては、
ある程度の機能をもつものだったら何でもかまいません。

そのへんは本文中で触れています。
決してiPhoneを買わなくては絶対にできないという類のものではないので、
ご自分の状況に応じて各自でアレンジしてください。



それでは次回から本文に入ります。

テーマ: スピリチュアル | ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。